人気ブログランキング |

ベトナム 日本 国際結婚 あれやこれや

weddingfor.exblog.jp

日本人男性とベトナム人女性の国際結婚をお手伝いする Wedding for happiness のブログです

ブログトップ

<   2018年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

昨年の1月 在日ベトナム人は急増中

という記事を書いてから1年半。
早くもそのときの予想通り、在日ベトナム人の人数が
国別の統計でフィリピン人を抜いて3位になったとのことです。

以下の産経新聞の記事がそのことについて解説をしています。
在留外国人の構成に変動! 中韓の次はベトナム人急増の背景


記事によれば、今年も前年比30%増。5年で5倍に増えました。
この勢いが続いていくと計算上は5年前後で
現在は2位ですが人数を減らしつつある
在日韓国人の数を抜いてしまうことになります。

一方で記事では急増に伴うマイナス面についても触れています。
犯罪の増加です。

以前お伝えした通り(ベトナム人による犯罪件数が急増中)
ベトナム人は国別の犯罪検挙人数で中国人を
抜いて1位となっており、今後も増加するでしょう。

一方で我々は外国人の増加というと
我々が被害を受ける側面ばかりを考えてしまいがちですが、
ベトナム人を雇っている技能実習を行っている企業の
7割が違法状態ということも記事は指摘しており
立場の弱い外国人をいじめて搾取しているという側面が
日本の側にあるのも事実です。
以前にも書きましたが双方が問題解決の努力を重ね
よりWINWINの関係を作れるようにすべきでしょう。

これから日本は本格的な人口減の時代を迎え
外国人の労働者の受け入れはやむを得ない選択でしょう。
一方で短期的には労働力不足は深刻ですが、
将来的にはAIやロボット技術の進化によって労働力需給が
どうなるのかは必ずしも見通せないところがあります。


また単に労働力という側面だけではなく
外国から新たな文化や、遺伝子を受け入れることによって
私たちの社会がより複合的になってより厚みのある国が
作られるという意味もあります。
例えばテニスの大坂選手の活躍のように。

そのような日本社会の多様化という意味でも移民の存在は重要で
今後も丁寧でバランスのいい受け入れを考えてほしいと思っています。

ベトナム人女性との国際結婚紹介 Wedding for happiness
http://www.weddingforhappiness.com/


by weddingforhappine | 2018-09-25 05:47 | ベトナム

一段落です

先週ベトナム訪問に行った関係で1回更新を休ませていただきました。
おかげさまで1件婚約となり、ほっとしております。

最近、当社では地域密着で活動している
小規模な結婚相談所さんとの
タイアップの婚活が多くなってきています。
その場合、男性はまず日本人女性との結婚を目指して
活動をするわけですが男性がすでに40代に入っている場合
成婚に至る可能性は極めて低いです。
統計的には100人に1人とか2人しか成功しないとなってます。
それでベトナム女性はどうかということでお話がきます。

そしてまずは国内在住のベトナム女性はどうか、となるのですが
国内にいるベトナム女性は25歳以下が大多数です。
基本的には40代の方とはマッチングしないのです。

そして最終的にベトナムに行ってみようということになるのですが
結局それが一番早いですよ、というお話になるのです。


手持ちの案件が全部手続きに移って
いま一段落の状態になっています。
もし新たに婚活を始めたいという方がいらっしゃいましたら
どうぞお気軽にご連絡下さいね。

ベトナム人女性との国際結婚紹介 Wedding for happiness
http://www.weddingforhappiness.com/


by weddingforhappine | 2018-09-17 23:30 | 当社からのお知らせ

去る9月2日はベトナムの建国記念日でした。
建国73周年を祝って日本の大阪でも
記念式典が行われたというニュースが流れました。


ニュースはこちら(ベトナム建国73周年の式典が開かれる)


なぜベトナムの建国記念式典が大阪で?というのは
もちろん日越の友好ムードを反映してのことですが
それともう一つベトナムの独立には
敗戦直前の日本が大きく関係しているからと思われます。

73年前、1945年に、日本とベトナムの間に
何があったのか簡単に記していきたいと思います。


ベトナムの阮朝は19世紀の清仏戦争以後
フランスの植民地となっていましたが、
第二次世界大戦でフランスがナチスドイツに敗れたのち
フランスのナチス傀儡政権と日本は協定を結び
ベトナム(当時 フランス領インドシナ=仏印)に進駐を行いました。


そのまま1945年の終戦間際までその状態が続きましたが
1945年3月ともなると戦局は連合国勝利が決定的となるなか
日本軍は大東亜共栄圏、アジア解放の建前の元
在ベトナムフランス軍と戦い、それを破り
阮朝皇帝のバオダイを担ぎ出し独立を宣言させ
(他の仏領インドシナ諸国のカンボジアやラオスも独立させ)
ベトナム帝国を成立させました。


しかし、その年の8月、日本が降伏すると17日に
ホーチミンらを中心とするベトミンが8月革命を起こし政権を握り
日本がミズーリ号の艦上で降伏文書に調印した9月2日に
バオダイと阮朝ベトナム帝国は降伏し
正式にベトナム民主共和国が成立しました。
これが現在のベトナム社会主義共和国の出発点とされており
それから73年がたったというわけです。


ちなみに、日本、中国、朝鮮半島では8月15日が
終戦との認識が一般的ですが、
世界的にはこの9月2日という認識の国が多いようです。

1945年は人類の歴史で最も長い1年だったと思っていますが
この年に日本とベトナムの間にも上記のような事実があったのです。


では、また。

ベトナム人女性との国際結婚紹介 Wedding for happiness
http://www.weddingforhappiness.com/


by weddingforhappine | 2018-09-03 02:35 | ベトナム