人気ブログランキング |

ベトナム 日本 国際結婚 あれやこれや

weddingfor.exblog.jp

日本人男性とベトナム人女性の国際結婚をお手伝いする Wedding for happiness のブログです

ブログトップ

<   2018年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ベトナム女性との結婚紹介の会社だったはずが
急に男性を紹介しだして、どういうことかと思われた
お客様もいらっしゃるかと思いますが
女性紹介を楽しみにされていた方、ごめんなさい。
今回だけ男性を紹介させていただきます。

お名前:ズンさん

年齢:33歳(1985年1月生まれ)

職業:会社員

住所:ホーチミン

学歴:高校卒

婚歴:初婚

日本語:片言です(N5レベル)

b0355876_02592396.jpg
私の妻の高校のときの友達で私も何度もお会いしてますが
とても温厚でまじめな人柄です。
蓮の花が好きで、また寺院巡りなどにも興味があります。
日本が大好きで、日本女性と結婚して
日本に住むことにあこがれています。

年収はホーチミンでは50万円程度ですが勤労意欲は高いので、
日本で働きだせば150万円程度は簡単にいくと思います。
日本は人手不足ですので、仕事が見つからない可能性は
低いことと思います。

人間的にはとてもしっかりしていますし
年齢差もあまり気にしない、
事情があるかたであっても柔軟に考えるそうですので
ご興味があればお気軽にお問い合わせ下さい。

まずはいつもの通り、無料のSkypeかLINEでの
ビデオお見合いから始めてみたいと思っています。

成婚料などにつきましてはテストケースなので
ご相談で実費プラス手間賃程度でお考え下さい。
彼も結婚に向けて貯金をしているそうなので
女性側の負担は最小限になると思います。


さて今回、このようなご紹介をさせていただいたのは
実は当社には女性からのお問い合わせがたまにあり
女性の読者もいるということがわかっているからです。


いままで5,6件はありまして多くは手続きの問い合わせです。
ベトナム男性と結婚したいがどうしたらいいか、
こどもが生まれたので2重国籍を取らせるにはどうしたらよいか
などで当社に手続きをご依頼いただいて当社行政書士が
手続きを行ったような事例もあります。


正直、ベトナム男性とインターネットを通して
わざわざお見合いしたいという
日本女性がいる可能性は低いとは思っていますが
当社は必ずしも利益だけを目的に運営しているわけでも
ありませんので、今回、ズンさんの強いご要望もあって
テストケースとしてご紹介させていただきました。


もちろんメイン業務は今後とも
ベトナム女性と日本男性の結婚をお手伝いすることですので
そちらのほうもお気軽にお問い合わせ下さい。

ベトナム人女性との国際結婚紹介 Wedding for happiness
http://www.weddingforhappiness.com/


by weddingforhappine | 2018-05-28 03:02 | 当社からのお知らせ

結婚記念日

5月18日は私と妻にとって4回目の結婚記念日でした。


ホーチミン市の妻の実家で結婚式を挙げ、
市内の結婚式場で披露宴を行ったあの日から
もう4年の月日がすぎさったのです。
幸いに子宝にも恵まれ、
日々を健やかに過ごすことができており
人生のめぐりあわせの不思議さ
ありがたさを感じる一日でした。


特別なことは何もしませんでしたが
たまには食事を作ってあげてはどうかと思い
晩ごはんは私が作ることにしました。

b0355876_07131312.jpg
いわゆるフォトジェニック、インスタ映えとは
程遠い料理、そして写真ではありましたが
うちの夫婦はせいぜいこんなものかなぁと思ったりします。


普通がありがたいこと。


特別な人を見つけたから愛が育つのではなく
あなたが出会った相手を大切にするから
相手が特別な人になっていき
愛が育っていくのだと思います。


特別な人を探さず、普通のすてきな出会いを探してみませんか?
あなたを受け止めてくれた人を大切にしていけば
月日がその人を特別な存在に変えていってくれます。

ベトナム人女性との国際結婚紹介 Wedding for happiness
http://www.weddingforhappiness.com/


by weddingforhappine | 2018-05-19 07:14 | 当社からのお知らせ

ニュース等で大きく扱われましたのでご存知の方も多いかと思いますが
外国人による刑事事件の件数の国別の統計で、
ベトナム人によるものが中国人を抜いて1番多くなりました。

外国人犯罪の勢力図に変化? ベトナム人の刑法犯が中国人抜く
(参考記事 産経新聞) 

まず最初に申し上げておきますと
日本の刑事犯罪、ことに凶悪事件の件数は全体として減少傾向です。
ことに外国人犯罪の全体件数そのものは激減しています。

テレビなどでセンセーショナルが事件が派手に報道されますので
誤解されている方が多いですが、
日本はどんどん安全な国になっているということができます。

そのような状況下であるにもかかわらず
独歩高の形でベトナム人による犯罪だけが増えています。


割合的にベトナム人の犯罪率が高くなっているわけではありません。
以前もお話しましたように
来日するベトナム人の人数自体が急増していますので
それに比例する形で、事件件数も増加しているということです。

それにしても、人数的には中国人よりもまだまだ全然少ないのに
国別で1位になってしまったというのは衝撃的なことで残念なことです。

ベトナム人による殺人事件や、通り魔事件など凶悪犯罪も起きており
組織的なドラッグストアを狙った窃盗団のようなものも形成されている
というような話をききます。
このような状況を受け、入国管理局のベトナム人への審査も
順次厳しくなっていくことでしょう。

この問題の改善には、日本ベトナム双方の努力が大切です。
技能実習制度のさらなるの改善、
受け入れ先日本企業の労働関係法規、最低賃金の遵守、
留学生受け入れ先日本語学校の実態調査や審査の厳格化、
日越双方にある悪質ブローカーの排除、
そういったようなことです。


雨降って地固まる。
このような問題の解決を通じて
日本とベトナムがより高いレベルの友好関係を
築いていくことを願ってやみません。

ベトナム人女性との国際結婚紹介 Wedding for happiness
http://www.weddingforhappiness.com/


by weddingforhappine | 2018-05-13 07:50 | ベトナム

前回まで故ホーチミン主席のお話を書いてきましたが
そのために関連書籍などをいくつか読みました。
そこでちょっと気が付いたことがあって
しょうもない話なんですけど今回は書いてみたいと思います。

故ホーチミン主席は79歳でお亡くなりになっています。
特別なご長命だったわけではありませんが
激動の人生や時代的なことも考えれば十分長生きと言えるでしょう。


ところでホーチミン主席には彼を支えた二人の愛弟子とも
いうべき人物がいます。
軍事面で彼を支えた、故ボー・グエン・ザップ氏と
同じく内政面で支えた、故ファム・ヴァン・ドン氏です。


彼らはホーチミン師が中国で革命組織を育成しているときからの弟子で
ザップ氏はベトミン時代からベトナム軍の最高司令官として
対仏独立戦争(インドシナ戦争、対仏)、ベトナム戦争(対米)、
中越戦争(対中国)と大国を敵に回した戦いで
巧みな用兵でことごとく勝利を収め、
赤いナポレオンのニックネームもあり
人類歴史上でも指折りの名将との評価もある人物です。


ドン氏はホーチミン師存命中から、首相の要職に在り続け
死去後も指導者として国をまとめ上げてベトナム戦争を勝利に導き
統一後も首相であり続けました。


今回はそんな彼らの偉大な業績について語るのではなく、
単に長生きでスゲーなってことをお話したいとそんなわけです(汗)


私にとってザップ氏という人は初めて知ったとき
すでに歴史上の人物だったのですが
実はほんの数年前までご存命だったということに、
最近気が付いてしまいました。
彼はなんと102歳まで生き、2013年までご存命だったのですね。

先ほどのドン氏は94歳まで生きました。


ところ変わって、キューバでは
2016年フィデル・カストロ元議長が亡くなりました。
90歳でした。
弟のラウル・カストロ氏はなお健在で86歳。
現役の議長です。


ちなみに中国の毛沢東元主席は82歳、鄧小平元主席は92歳
江沢民氏はご存命で92歳です。
北朝鮮の金日成元主席は82歳、東ドイツのホーネッカー元議長は81歳。
ロシア(旧ソ連)はさほど長寿の方はいないようですが
ゴルバチョフ元書記長は87歳でご存命です。


我が国をみても、長く投獄されていた日本共産党の
宮本顕治元議長は98歳、野坂参三氏は101歳のご長寿でした。
前委員長の不破哲三氏も88歳でご存命。


まあ、共産主義の指導者たちでも早死にしてる方はもちろんいますし
思想と長寿はあまり関係ないとは思うのですが
ホントに長生きの有名人が多いなぁと思ったのです。


ベトナムから話がちょっと遠ざかりましたが
連休中の余談ということでご容赦を。

ベトナム人女性との国際結婚紹介 Wedding for happiness
http://www.weddingforhappiness.com/


by weddingforhappine | 2018-05-06 03:39 | ベトナム