人気ブログランキング |

ベトナム 日本 国際結婚 あれやこれや

weddingfor.exblog.jp

日本人男性とベトナム人女性の国際結婚をお手伝いする Wedding for happiness のブログです

ブログトップ

<   2016年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

良いお年を!

2016年も残すところあと1日となりました。
今年は皆様にとって良い1年でしたでしょうか?

私はといいますと、周囲の皆様に支えられまして公私ともに
良い一年になりました。
公の部分では、当社 Wedding for happiness は良いお客様に恵まれ
順調に営業を続けていくことができました。
私としてはお客様にぴったりよりそっていくためには
ちょうど良いペースでお客様を獲得していると思っています。

来年も1件1件の案件を丁寧に対応していき、
本登録いただいた男性のお客様の全員成婚
(現在手続き中の方も含めて)を継続していければと思っています。

一方、私の部分では本年、妻が妊娠して
来年には子宝に恵まれることができることになりました。
これもまさに自分の力だけではどうにもできなかったことで
来年春の出産に向けて、今は妻が大きなお腹を抱えてがんばってくれています。

離婚経験を含めて良縁や温かい家庭生活を長く得ることのできなかった私が
このような幸せを得ることができたのはベトナム人の妻との
素晴らしい縁に恵まれたからというよりありません。

誰でも今までとちょっと目線や方角を変えて、
ちょっと新しい一歩を踏み出してみると
今までは見つけられなかった幸せを手に入れることができる
ということがあるのかもしれないと思ったります。

このブログを読んで下さっている皆様に
2017年、ぜひそんな機会がありますことを願っております。
またそんな皆様を私はお手伝いしたいと思っています。

思い立ったが吉日。
チャレンジしようと思いましたらお正月からでも
遠慮なくお問い合わせいただけましたらと思っております。

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。

ベトナム人女性との国際結婚紹介 Wedding for happiness
http://www.weddingforhappiness.com/

by weddingforhappine | 2016-12-30 22:38 | 当社からのお知らせ
今回のベトナム訪問はかなりの強行軍で
男性のお客様も私もいささか疲れましたが、
しかしその甲斐があるものとなりました。

お見合いのダナンはあいにくの大雨。
しかし女性のお兄さんが大きな自家用車を運転して
空港までの送迎をして下さったので移動は楽でした。
帰りは別のお兄さんがまた別の大きな自家用車で送迎をして下さり
まさに家族総出の大歓迎でした。

そのまま女性のご実家に向かい、皆さんで会食。
女性とそのご家族が作って下さったごちそうがテーブルに並びました。
食べて下さい、飲んで下さい、の大歓迎で
私まで役得に預かってしまいました。
土曜日ということで兄弟たちやそのこどもたちも
みな家に集まっておりご家庭はとてもにぎやか。
楽しい会食になりました。

お互いに山ほどのおみやげを交換し合い、
おうちを案内していただきました。
おうちは3階建てで部屋中に家族の記念の写真などが飾られ
ご家庭の温かさを垣間見ることができました。

男性はその後雨にも負けず女性の運転するバイクで市内観光。
2人きりの楽しい時間を過ごしました。

夕方には男性の誕生日を祝うケーキが出され、
ケーキの上には男性のお名前と Happy Birtday!の文字が。

普通の人間が人生でこれほどの歓迎を受ける機会が
いったい何回あるのだろう、と私はそんな風に思ったりしました。
男性は女性とそのご家族の様子を見て、安心して結婚を決意されました。

女性はその日はいったん返事を保留しましたが
日本に帰った翌日、男性とそのご家族、女性とそのご家族が
一同に会してインターネットでお話しする時間をもち
そこでご家族同士もいらっしゃる場で改めて
男性が女性に結婚を申し込み、女性がそれを受け、
婚約がなりました。

本当におめでとうございます。

今後は手続きに移っていきますが
早くお二人が幸せな結婚生活を始められるように
お手伝いを続けていこうと思っています。

ベトナム人女性との国際結婚紹介 Wedding for happiness
http://www.weddingforhappiness.com/

by weddingforhappine | 2016-12-27 04:21 | ベトナム
明日23日から26日までお見合いでベトナム渡航です。
目的地はダナンですので、本来は直行便があるわけなのですが
何しろ年末の多忙期の上に、元々便数が少ないことがあって
手配したときには直行便はすでに満席でした。
そういうわけで今回はホーチミン経由での訪問となります。

今回の男性のお客様はとても多忙で
平日にどうしても休みが取れないということでしたので
この天皇誕生日からクリスマスの週末を利用してのお見合いとなりました。

女性はクリスマスに男性が会いに来てくれる
ということでとても感激したようです。
さらに男性は今日46歳のお誕生日を迎えられるということで、
内心期するものがあるのだと察しています。

私としても年末のこの時期のお見合いの希望を最初に聞かされたときは
少々びっくりしました。
しかし、このように普段お仕事をがんばって忙しくされていて
なかなか休めない方が誕生日やクリスマスなどの特別な時期に
決意をもってお見合いに臨まれるのをお手伝いできることは
結婚相談所としてまさに本懐ともいえることで
本当にありがたいことでもあります。

そういうことで、23日から26日までの渡航中
電話対応ができなくなるほかメールなどインターネット経由での
お問い合わせへの対応が遅くなることが予想されますが
ご理解いただけますようにお願いいたします。

その代わりと言ってはなんですが、
年末年始も特段休む予定はございませんので
新年を迎えて結婚への決意をなさった方は
元日でもご遠慮なくご連絡下さいませ。

では、行ってまいります。

ベトナム人女性との国際結婚紹介 Wedding for happiness
http://www.weddingforhappiness.com/

by weddingforhappine | 2016-12-23 02:53 | 当社からのお知らせ
3回に渡ってベトナムの中部地域の街をご紹介してきましたが
今回はその番外編です。

今回のベトナム訪問ではベトナムの国内線の飛行機を利用しました。
Viet Jet Air(ヴィエッ ジェット エア)という会社の飛行機です。
日本ではあまり知られていない航空会社ですが
日本にも就航しているLCC(格安航空会社)の雄
マレーシアの「エアアジア」のグループ会社です。

本来は「エアアジア」が直接ベトナムに就航する計画だったようですが
ベトナム政府の外資規制によって断念。
ベトナムマレーシア合弁のグループ会社として
ベトナム国内線と周辺国への短距離国際線を運行しています。

エアアジアのイメージカラーは赤ですので、
キャビンアテンダントさんの制服は赤を基調としており
本家エアアジアでは真っ赤なミニのワンピースで
お色気ムンムン(古いか)なのですが
さすがにお堅いベトナムではそれは無理だったようで
Viet Jet では赤いシャツにベージュのショートパンツの
ベトナム女性キャビンアテンダントさんがお客様を迎えてくれます。

エアアジアグループは基本的にお色気サービスに積極的で
Viet Jet もかつてはキャビンアテンダントさんが
機内で水着でダンスをしてくれるという
すっごい!サービスを展開していたそうですが
これはさすがにお堅いベトナム政府の逆鱗に触れたようで
罰金を科されてしまい今はさすがにやっていません。

いやー残念です。

このViet Jetはさすがに格安航空会社だけあって安いです。
ベトナムの国内線であれば路線や時期、便にもよりますが
基本的に往復1万円以内で行くことができます。
ベトナム語だけでなく英語のサイトもありますので
日本からネットでチケットを買うことができます。
また便数も多く、ホーチミンの空港での乗り継ぎも便利なので
路線がある街に行くときは利用したくなりますね。
なにせベトナムの道は悪路が多く遠いですので。

一方欠点もあります。
この航空会社の欠点は遅延が常態化されているところです。
最低30分は遅れるのが当たり前で1時間以上遅れることもざらです。
これは格安航空の致命的な弱点で1機の飛行機の
前のフライトの到着と次のフライトの出発の間が
わずか30分ほどしかないので、1回のフライトごとに
遅れが積み重なっていき取り戻すことができません。

とはいえ、全体としてとても便利であることに違いはなく
ベトナム人の奥さんと結婚し、ベトナムの国内旅行を楽しみたい
皆様にはとてもお勧めできると思います。
次回、12月23日からのお見合いでも
この Viet Jet の飛行機を利用させてもらう予定です。

Viet Jet Air の公式ページはこちら(制服も見られます)

それでは、また。

ベトナム人女性との国際結婚紹介 Wedding for happiness
http://www.weddingforhappiness.com/
by weddingforhappine | 2016-12-16 03:52 | ベトナム

ホイアンの悲恋伝説

ホイアンはダナンから南東に25キロほど、
やはり海に面した古い交易都市です。
アジアの大航海時代ともいえる15世紀~16世紀ごろには
日本や琉球からもたくさんの船が訪れ貿易を行っていました。
いわゆる南蛮貿易、朱印船貿易の中継基地としてこの街は栄えました。

来遠橋(日本橋)と言われる橋は1593年に日本人によって
建てられたといわれる橋で、かつての日本人町の入り口となっていました。
この橋はベトナムを代表する観光名所とされており
ベトナムの2万ドン紙幣のデザインにも使われているほどです。
b0355876_4393096.jpg

来遠橋をバックに結婚記念写真を撮影するカップル

この橋が作られたころのひとつの伝説が残っています。
17世紀のはじめごろひとりの日本人の貿易商人がこの街を訪れ、
ここでベトナム人の恋人を作りました。
しかし日本では江戸幕府が成立し、時代は動乱と交易から
安定と鎖国へと大きく移り変わっていきます。
この船乗りも日本への帰国を余儀なくされました。
しかし、ベトナムに残してきた恋人を忘れられない彼は
日本にはもう戻れないことを覚悟し、密出国、ホイアンに戻ってきます。

この話が本当かどうかはわかりませんし、
また彼がホイアンで恋人と再会できたかどうかもわかりません。
しかし、彼の墓とされる墓が今でも残っており
そこには「谷弥次郎兵衛」という彼の名が残されています。
そしてその墓は、彼の故国、日本の方角を向いて立っているのです。

ホイアンは1999年に世界遺産に認定され
今ではナイトマーケットが有名な街です。
たくさんの店店や屋台が夜になると提灯を灯し、
幻想的な雰囲気を醸し出します。
b0355876_4481279.jpg

この提灯(ランタン)による明かりがホイアンの名物になっています。
アジアのみならず欧米からの観光客も多く、
レンタサイクルで街の雰囲気を楽しんでいます。
b0355876_4412432.jpg

シクロはベトナム特有の乗り物で、かつてはベトナムの象徴の一つでした。
しかしぼったくりなども多いので、しっかり安全確認できない場合は乗らないでください。
今回は事前交渉で30分のコースで25万ドン(1250円くらい)でした。
私も初めて乗ってみましたが思っていたよりも乗り心地が良く
視線が低くゆったり動くので観光にはうってつけです。
前にさえぎるものがないので風がとても心地いいです。

とても美しい街ですので、この間のビデオお見合いでも
ダナンに住んでいる当社登録の女性が、男性がお見合いで
ベトナムに会いに来たときにはぜひホイアンを案内したいと言っていました。

それでは、また。

ベトナム人女性との国際結婚紹介 Wedding for happiness
http://www.weddingforhappiness.com/

by weddingforhappine | 2016-12-08 04:55 | ベトナム
ダナンはベトナムのど真ん中に位置し、
ハノイ、ホーチミンに次ぐベトナム第3の都市です。
といってもその人口は100万ほど、
大都市というイメージはあまりないかもしれませんね。
しかし、天然の良港をもち、古くから栄えた街です。
また最近新ターミナルが完成した国際空港があって、
日本をはじめ、中国や韓国など近隣諸国からの直行便が飛んできます。

ダナンからホイアンへと続くなだらかな海岸線には
ミーケービーチやノンヌォックビーチなど
細かい砂の砂浜を持つビーチがあり
数々のリゾートホテルが立ち並びつつあります。
b0355876_3582215.jpg

また中心街とビーチ地帯の間にあるハン川には2本の
大きな美しい橋がかけられ、その川沿いがシンガポールを思わせる
ナイトスポットになっています。
夜な夜な観光客や若者たちが集まり、
おしゃれなカフェやレストランが並んでいます。
今回はこちらの美しい背景を利用して、
登録女性の交際中の男性向けビデオレター撮影なども行いました。

私は今回ここでセグウェイの初体験をしました。
15分で2万ドン(100円)。
操縦はわりとすぐ慣れましたが、
操作にけっこう足の筋力が必要で意外に疲れます。
b0355876_411414.jpg

フエからダナンは距離にして70~80キロですが、
この間にはベトナムの南部と北部を地理的に分ける
ハイヴァン峠があり、かつては交通の難所でした。
以前紹介した「水曜どうでしょう」の原付バイクの旅では
この峠を苦労して超えていました。
しかし現在は日本の資金協力によってトンネルが完成し
両都市は車で4時間ほどで結ばれるようになりました。

私はベトナムで鉄道を利用した経験がまだなかったので
フエからダナンまで鉄道で行きたかったのですが
鉄道は一日たったの5本、時間がどうしても合わず断念してバスで行きました。
かなり残念でした。
ベトナムの鉄道は単線なのですれ違いができず本数が少ないです。
また速度も遅く、バスと同程度です。
b0355876_359479.jpg

次回はホイアンをご紹介します。
では、また。

ベトナム人女性との国際結婚紹介 Wedding for happiness
http://www.weddingforhappiness.com/

by weddingforhappine | 2016-12-01 04:05 | ベトナム