ベトナム 日本 国際結婚 あれやこれや

weddingfor.exblog.jp

日本人男性とベトナム人女性の国際結婚をお手伝いする Wedding for happiness のブログです

ブログトップ

ベトナム語の文字の入力

以前にも少しお話したことがありますが
ベトナム語の文字は歴史的にみると最初は漢字、
それからベトナム独特のチュノムと呼ばれる文字が作られましたが
最終的にアルファベットにベトナム語の声調記号を付け加えた
クオックグー(国語)という文字が使われています。

これが使われるようになったのはそんなに昔ではなくここ100年ほど。
そして正式な文字と国によって決まったのは第二次大戦後のことです。

東アジア諸国では日本と台湾を除き、漢字は使われなくなりつつあります。
日本も漢字の簡略化や使用割合の低下が進んでいますし
本家中国ですら簡体字を使う訳ですから
漢字というのは全ての人間が使うには少し難しすぎる文字なのかも
しれないなぁと思うことがあります。

私はときどき、中国人が世界で最初にコンピュータを
発明しなくてよかったなぁと考えたりします。
なぜなら、もし中国人が最初にコンピュータを作ったのなら、
プログラムも、画面表示もキーボード上の文字も全て当然漢字です。
キーボードに漢字キーが数千個もついているコンピュータが作られたはずです。

・・・なんて冗談はさておき、そう考えると
アメリカ人が最初にコンピュータを作ることに成功したのは、
その言語である英語がコンピュータでの処理に向いていたことも
大きかったかもしれませんね。
アルファベットなら1バイトで表せますからね。

さて本題に入ってベトナム語の入力のことですが
日本にあるキーボードでは
当然ベトナム語の声調のついた文字は入力できません。

しかし一般的にはそれでも問題はありません。
ベトナム人同士が読むときに声調記号がなくても
推測して意味を通じ合うことができるからです。

とはいえ、ベトナム人向けのページを作るときに
やはりそれでは見栄えが良くないということで
前はいちいちホーチミンのスタッフに頼んで
作ってもらっていたのですが、最近別の方法があることに気が付きました。

ベトナム語を入力できるソフトウェアキーボードです。
http://opentruesoft.webcrow.jp/vnsoftkey/

これならちょっとした文章なら日本で妻に作成してもらうことも
できて便利ですね。
長文の場合はやっぱり面倒な感じですけど。

ちなみに妻は完全なスマホ世代。
キーボード入力はとても苦手で遅い。。。
ベトナムでも今では皆さん普通にスマートフォンを使いますが
パソコンを日常的に使えるのは金持ちか大学生くらいなんですね。
ですので、日本以上にパソコンを知らない若者が多いです。

世界中どこに行っても、例え水洗トイレがなかったり、殺し合いをしてたり
時には電気すら通ってない場所でも、今や人々はみんなスマホをもってます。
ジョブスさんはなんてどえらいものを発明したのかと心から思います。

では、また。

ただいまお見合い費用キャッシュバックキャンペーン中~8月31日まで
ベトナム人女性との国際結婚紹介 Wedding for happiness
http://www.weddingforhappiness.com/

[PR]
by weddingforhappine | 2017-07-13 05:39 | ベトナム | Comments(0)