ベトナム 日本 国際結婚 あれやこれや

weddingfor.exblog.jp

日本人男性とベトナム人女性の国際結婚をお手伝いする Wedding for happiness のブログです

ブログトップ

国際結婚、夫婦は同姓?それとも別姓?

結婚した夫婦の姓をどういう制度にするべきかは
しばしば議論や訴訟になる問題です。
現在の日本の法律では結婚に伴って夫婦は男性か女性が
「必ず」名字を改め同姓になって同じ戸籍に入ることになります。

これは世界に数ある国の中で唯一に近くなっている制度です。
結果として現実には90%以上の女性が男性の名字に変わる
という状況になっています。
では国際結婚をした夫婦はどうなると思いますか?

結論から言ってしまうと厳密には同姓にはならない、が正解です。
しかし一方で同じ名字で暮らす方法があります、
というのも正解になります。

まず厳密には同姓にはならないというのは
ある意味当然のことで、国際結婚をしたところで
そのパートナーの国籍が変わることはありません。
ベトナム人の奥さんはベトナム人のままです。
ですので、ベトナムのご両親が名付けて
ベトナム政府に届けられた名前を
日本の役所が変えることはできないわけです。

一方で日本では夫婦同姓が普通ですので
奥さんに夫と同じ名字を名乗ってほしいという要望があります。
そこで通称として日本人の名字を奥さんにつけることができます。

通称、というとなんだか勝手に名乗っただけ、自称?
と思われるかもしれませんが、そうではありません。
地元自治体の役所に通称使用の届け出をすると免許証や住民票にも
記載される正式な通称名としてその名字を使うことができるのです。
その名前を使って各種届出や契約などももちろんできるわけです。

例えば、私であれば妻に「山田ウィン」という通称名を名乗って
もらうこともできるわけです。
もっとも私たち夫婦はこの制度は利用していませんが。
利用するもしないも自由なところがこの制度のいいところですね。

当社でご結婚して、同居を始められたカップルの皆さんや
これから国際結婚を考えてみたいと思われている皆さんの
ご参考になればと思います。

ベトナム人女性との国際結婚紹介 Wedding for happiness
http://www.weddingforhappiness.com/
[PR]
by weddingforhappine | 2017-05-30 06:40 | ベトナム | Comments(0)