ベトナム 日本 国際結婚 あれやこれや

weddingfor.exblog.jp

日本人男性とベトナム人女性の国際結婚をお手伝いする Wedding for happiness のブログです

ブログトップ

東京入局管理局

昨日、ビザ関係の手続きがあって東京入国管理局に行ってきました。

入国管理局、通称入管というところはいつ行っても外国人で満員御礼。
特に首都圏に住む外国人の入国管理業務を一手に引き受ける
この東京入管は、建物も巨大なら、中も大行列でいついっても
数時間待ちは当たり前のなかなか大変なところです。
b0355876_14252080.jpg

場所も品川駅からさらにバスに乗り換えて
品川埠頭のそばというかなり不便なところにあります。
これは昔、入国管理業務が船で港から入ってくる外国人を主な対象にしていたから
その名残だということで、すぐ隣には東京税関の大きな施設もあります。
同じ理屈で他の地域の入管の施設も多くは海のそばにあったりします。

当社で結婚されたご夫婦は女性が日本人の配偶者ビザという
ビザを取得して日本にやってきます。
このビザは1年と3年と5年の期限がありますが、最初は1年ビザです。
この1年のビザを毎年入管に行って更新手続きすることになります。
(それらの手続きについては必要な時期にご説明します)

数年間大過なく(違法行為とかをしないということ)すごせば
だんだん一度にもらえるビザの年数が長くなっていきます。
また10年をすぎれば永住権の取得も視野に入ってくることになります。

またそれとは別に在住5年が過ぎると日本国籍を取る帰化という手続きも
可能ということになっています。
ただしこれは元の国籍を捨てて完全に日本人として生きるという
選択になりますので重大なことです。
いずれにせよ、永住権取得や、帰化は簡単なことではなく
それををお考えの場合は専門家(それに特化した実力ある行政書士)
の力を借りることになるかと思います。

それにしても入管に来るといつもいかに
日本に外国人が多いのかということが感じられます。
中国、韓国の方がやはり多いですが、しかしベトナム人も結構多いです。
話している言葉や顔立ちから、肌の色、待ち時間の過ごし方も
みんなそれぞれ違います。
おそらくは100か国以上の国の人がいると思うのですが
私に判別できるのはせいぜい10か国くらいでしょうか。
中国語、韓国語、英語、スペイン語や、その他私には判別できない言葉で
会話されている方々もいます。
それらの多様な人々を毎日、1日中、何百人も相手にしないといけない
入管職員の方は本当に大変だろうと思いますね。

それでは、また。

ベトナム人女性との国際結婚紹介 Wedding for happiness
http://www.weddingforhappiness.com/

by weddingforhappine | 2016-10-14 13:48 | 当社からのお知らせ | Comments(0)