人気ブログランキング |

ベトナム 日本 国際結婚 あれやこれや

weddingfor.exblog.jp

日本人男性とベトナム人女性の国際結婚をお手伝いする Wedding for happiness のブログです

ブログトップ

悪質国際結婚仲介業者

残念ながら悪質な国際結婚仲介業者がいるのは事実です。
今回はそれに関係した話をします。

当社では登録していただく場合は必ず最初に各種の証明書を提出してもらっています。
なぜなら、お見合い、婚約などの話を先にどんどん進めてしまって
いざ結婚という段になって最後に
どちらかが独身ではなかった!、とか、実はこどもがいた!、とか
男性の収入が十分でなく入国管理局がビザを許可しない!
なんてことになってしまうと男女双方にとって
大きな不幸になってしまうことは明白だからです。

しかし結婚仲介業者はあくまで男女を結婚させてなんぼ、という一面もあります。
最初に間口を小さくしてしまって結局、結婚が成立しなければ収益にならないのです。
そのために細かいことは後回し。
お互いにとっていいことばかりを伝え、都合の悪いことは隠し
とにかく結婚を成立させお金をいただいて、
あとは野となれ山となれ、そんな業者もいるのです。
b0355876_1495558.jpg

さていよいよ本題。

当社に登録したあるベトナム女性に日本人男性からの
お見合いの希望が舞い込みました。
女性もそれを受け入れ、いよいよお見合いの調整をする段階になったので
書類調査や現地スタッフの調査など、再度の裏付け調査を行いました。
そしてそこで、残念な事実が判明したのです。
初婚だったはずの女性には実は結婚歴がある、と。

実は女性は日本に実習生として来日していたときに
中京地方の、ある個人の仲介業者に登録していました。
そしてその業者の仲介で、かなり年上の日本人の男性と結婚をしたのです。
そして男性はその業者にお金を払い、女性は実習生ビザ切れに伴いいったん帰国。
配偶者ビザが許可されるまでベトナムで待機ということになったのです。

ところがベトナムに帰って、再び夫である男性や業者からの連絡を待つも
3カ月待っても半年待っても何の連絡もなし。

入管に問い合わせてみると、ビザは不許可になったとのこと。
理由は不明ですが、彼女の素行に問題はなさそうなので、
男性の経歴か、経済状態に問題があったからかと思われます。
あるいは有能な行政書士をたて、書類をたくさんそろえて再挑戦すれば
大丈夫なケースだったかもしれません。

しかし業者に電話をしてみても、電話はつながらず、手紙もなしのつぶて。
いっこうに連絡がつかないという状態になってしまいました。
しかし日本のビザを取る術のない彼女はなんとか連絡したくても
日本に行くことすらできません。(よほどお金を使えば別ですが)

結局5年の月日が流れました。
彼女は人づてに、夫はすでに別の女性と結婚している、と聞き
それならばいいだろう、ということで、改めて結婚するべく当社に登録したのです。
b0355876_1503034.jpg

その話を聞いて、話にはよくきいていたが、
やはり実際にこういう話はあるんだと実感しました。
そして私は彼女に、お見合いの話はなかったことに、登録は解除しますと通告しました。

私は、彼女にベトナムでベトナム人の結婚相手をさがすべきだ、と忠告しました。
ベトナムでの結婚の記録はないので、ベトナムでなら彼女は初婚者として
結婚することができるのです。

でも、彼女は日本人と結婚したいのでなんとかしてほしいといいました。
なんとか、お見合いさせてくれ、と食い下がってきました。

彼女は日本で3年の実習生生活をし、日本語の勉強を何年も続けてきたのです。
そして日本人の夫を信じて何年も待ち続けた。
それぐらい日本に行きたいのです。

しかし、厳しい話ですが、彼女の希望を受け入れるわけにはいきません。
彼女は結婚した記録はあっても、離婚した記録がありません。
つまり法律上は既婚者かもしれないのです。
また当社に対して婚歴を偽ったことにもなりますし、
この女性を男性とお見合いさせることは男性会員に対しての裏切りになります。

最終的には、私は彼女の熱意に負けて、
彼女が婚姻届けを出した役所に連絡をし方法を確認して
彼女に書類を書かせて離婚証明を出してもらう手続きを手伝ってあげることにしました。
しかし私のしてあげられることはここまでです。

仮に彼女の離婚がはっきり証明されても、
やはり当社で彼女の結婚を手伝うことはできないということは彼女に伝えました。
b0355876_151450.jpg

彼女が最初に良心的な業者に出会っていれば、良い人と結婚し、良い奥さんとして
今頃こどもに囲まれ、日本で幸せな生活を送っていたのかもしれません。
彼女に迂闊さはあったと思うものの、やはり同情を禁じえません。

またそう考えると、自分も結婚仲介業者として
男性女性それぞれの会員にしっかり向き合い
ひとつひとつ丁寧な仕事をしないといけないと思うのです。

(たぶん?!)悪質ではない結婚仲介業者への連絡は以下のリンクよりどうぞ。

ベトナム人女性との国際結婚紹介 Wedding for happiness
http://www.weddingforhappiness.com/

by weddingforhappine | 2016-05-07 01:58 | 当社からのお知らせ